FX基本講座!ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いは!?どちらが有効??

FX講座~初級編~

こんにちは!素人投資家のあっくんです。

今回は「バイナリーオプション」やFXをするにあたっての基本的で重要な知識であるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説します。

この2つの分析方法をしっかりと理解して、今後のご自身の分析に役立ててください!

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いとは??

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、どちらも「FX」や「バイナリーオプション」だけでなく他の投資をする上でとても大切になる分析方法です。

簡単にいうと、

各国や世界の情勢をみて判断するのがファンダメンタルズ分析。

チャートを見て判断するのがテクニカル分析

になります。

これらの詳しい違いを以下にまとめましたので見てみましょう!

ファンダメンタルズ分析とは?

  • 概要・・・経済指標などの相場に影響を与えるニュースから相場の先行きを予測する方法
  • 有効取引時間・・・長期の取引に有効
  • バイナリーオプションでの必要性・・・経済指標などをチェックする必要があるが、具体的に予測する必要はない。

ファンダメンタルズの意味としては「経済の基礎的条件」と訳され、各国の経済成長率(GDP)や雇用系指標(失業率や新規雇用者数など)、物価指数(CPI・PPIなど)などの経済要因の事を指します。

つまり、そのような各国の経済的要因をはらんだ発表要人発言、あるいは災害による被害など経済に与える影響が少しでもあると為替相場に影響を与える事になります。

要するに!世界情勢のニュースをチェックして、トレードをしていきましょうと言う事です。

バイナリーオプションとファンダメンタルズ分析の関係性

上記でファンダメンタルズ分析について説明しましたが、基本的に短期取引であるバイナリーオプションにとっては、ニュースの内容をそこまで神経質に気にする必要はありません。

しかし以下のことだけは注意してください。

注意点

経済指標の発表時間の前後約30分~1時間はエントリーを控え相場の動きが落ちついてきた段階でエントリーをするようにしましょう。

なぜなら上記でも説明した通り、経済指標の発表や要人発言などが行われると価格が大きく動く可能性があります。

もちろん動かない時もありますが、それは発表が行われるまでわかりません。

経済指標の確認方法

経済指標や要人発言が行われる日時はあらかじめ決められていて簡単に調べることができます。

経済指標確認サイト

https://www.fxstreet.jp/economic-calendar/?id=26181aa8-da02-424d-b1af-050765a75d7a&id=26181aa8-da02-424d-b1af-050765a75d7a

このサイトに掲載されている発表のうちボラリティーが高くなっている発表の前後約30分~1時間はエントリーを控えるようにしましょう。

ファンダメンタルズのまとめ

ここまで簡単ですがファンダメンタルズ分析について解説してきましたが、内容を以下にまとめてみます。

ファンダメンタルズ分析のまとめ

  • 国や世界の情勢が為替の変動に影響すること。
  • 短期や中期の取引よりも長期取引に有効。
  • ファンダメンタルズ分析では経済指標を使う。
  • バイナリーオプションではあまり影響されないが、注意点もある。

まとめると以上になりますが、もっと詳しく知りたい!って方は下記の記事によって知ることができます。

「バイナリーオプション」「FX」基本講座~ファンダメンタルズ分析とは?徹底解説!~

テクニカル分析とは?

  • 概要・・・過去チャートの値動きのパターンから相場の先行きを予測する方法
  • 有効取引時間・・・長期・短期どちらの取引にも有効
  • バイナリーオプションでの必要性・・・要必須

バイナリーオプションのような短期取引の場合は、ファンダメンタルズ分析ではなくこちらのテクニカル分析がメインとなってきます。

テクニカル分析はファンダメンタルズ分析と違い、進行形のチャートの動きからパターンを把握したり、その他インジケーターと言われる分析ツールを使用します。

インジケーターには大きく分けて以下の2種類があります。

トレンド系

現在の相場の方向性(トレンド)を把握するインジケーター

「代表例」

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • MACD
オシレーター系

今現在の価格が過去価格と比較して割高なのか割安なのかを判断するインジケーター

「代表例」

  • ストキャスティクス
  • RCI
  • RSI
  • MACD

各インジケーターの詳しい解説を見たい!って方は以下の記事を見ましょう!

「バイナリーオプション」「FX」基本講座!~テクニカル分析とは?基本と種類の徹底解説~

取引手法の確立をしよう!

当然ですが、テクニカル分析がどんなものかがわかったからといって、いきなり取引して勝てるわけではありません。

先程紹介したようなインジケーターを使いながら、「どのようなポイントでエントリーすれば勝てるのか?」を探して、本当に勝てるのかを過去の相場で検証して、手法を確立していくことが大事です。

検証を行わず、明確な根拠を持たずに取引をしているから、負けを取り返そうとして無茶なナンピンをしたりマーチンをしてしまって資金を溶かすことになるんです。

例えば検証の結果、勝率が60%に収束すると分かっていれば、「10回取引したら4回は負ける」ということも理解できるはずです。

それを理解できていたら、無茶な取引なんてせず、ルール通り淡々と取引をすれば最終的には資金は増えるはずです。

注意点

過去の相場において、その条件でエントリーした時に〇〇%の勝率が出ていて、最大連勝数は〇〇回で、最大連敗数は〇〇回、1日の平均エントリー回数は〇〇回といったようにしっかりと数字による根拠を持つ事が非常に大切です。

これを検証「バックテスト」をかならず記録して確立を数字にして残してください。

テクニカル分析のまとめ

ここまでテクニカル分析について簡単に説明しましたがまとめると以上になります。

テクニカル分析のまとめ

  • テクニカル分析はトレンド系とオシレーター系の2種類に分かれる。
  • 短期、中期、長期のすべての取引に向いている。
  • バイナリーオプションでも必要になる。
  • 取引手法の確立が大事。

以上簡単にテクニカル分析についてまとめましたが、もっと知りたい!詳しく知りたい!って方は以下の記事を見ましょう!

「バイナリーオプション」「FX」基本講座!~テクニカル分析とは?基本と種類の徹底解説~

さいごに

今回はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説しました。

まとめると

本日のまとめ

  • ファンダメンタルズ分析は長期取引向け。
  • 経済指標の確認をしよう!発表前後30分には注意。
  • テクニカル分析はトレンド系とオシレーター系の2種類に分かれる。
  • テクニカル分析はすべてに取引において重要。

という内容でした。

皆さん理解できましたか??

もしわからないことや疑問、質問があればお問い合わせにてお願いします。

Twitter・公式LINEでも問い合わせ対応します